ADHD,発達障害の子供とyoutubeなどのデジタルなものとの関わりを考える

「youtubeがやめられない。」

「決めたゲームの時間が守れない。」

「タブレットのロックを外して、いつの間にかタブレットを使っている。」

そんな声をママ達から聞きます。

 

ゲームだのyoutubeだの、今はデジタルなものがあふれています。
 
電車の中を見れば、ほとんどの人がスマホを見ています。
 
大人が制限をかけられない状態ではあるので、子供に制限をかけれるかと言えば、どうなんでしょうか。

 

ポスターで子供の言葉からなのか、

「私はママのスマホになりたい」

とキャッチフレーズのものを見たことがあります。

そう考えると、子育て中でも親がスマホに接している機会が、多いのだと思います。

 

そして

「子守をスマホにさせないで。」

というのも、よくポスターを見かけます。

 

その反面、便利なアプリや子供が好きそうなゲームなどを作っている現状が社会にあります。

そんなポスターを書くならば、アプリとかゲームとか作るなよ、と思いませんか?

きっとそこがビジネスチャンスなんだと思いますが、言っていることとやっていることばあべこでだなと感じてしまいます。

 

我が家のゲームや動画、youtubeの事情

我が家はというと、ゲームは子供には与えていません。
 

・やり出したら止まらないこと
・現実の世界とゲームの世界との境目が分からなくなること
 
そんな息子の姿が予想されるので、サンタさんにいくらお願いでかいても”こないよ”としています。
 

娘が「欲しい」と言っても、娘に買ったとしたら息子にも買わないといけなくなるので、娘にも買う気は今はありません。

ただyoutubeや動画については、親がいる前で見ていることが多いです。
 

理由としては、そこでしかみれないチャンネルがあるのもあります。またデジタルなものが発達したために、子供の雑誌などが廃刊になってしまったのもあります。

 

息子がみているのは、仮面ライダーのフィギュアを紹介しているチェンネルやトランスフォーマーのグッズを紹介しているチャンネルです。

息子が主に見ているものを私が知っているので容認しています。
 

基本、デジタルなものは親が在宅のときにみるとしていますが、1人で自宅にいる時も見ている形跡がこのところあります。(本人は見ていないと言っていますけど、親は騙せません、笑)
 
息子はどちらかと言えば、youtubeでみたい動画がなくなってしまったら、テレビに移行するので、時間がきたら動画を見ることをやめる傾向があります。

 
しかし5歳になる娘の方がやめられない。
娘はりかちゃんの動画サイトやメルちゃんの動画サイトを見ています。

「終わりだよ。」
と伝えてもやめられなくて、泣くことも多いです。

 
振り返ってみたら、息子も5歳ぐらいの時は、やめられなかったと思うので、年齢的なのかもしれないと娘の姿は様子を見ています。

 

そういえば息子の場合は、youTubeをみると動画サイトで出ていた玩具を

「買って」

とねだることが多くあったので、夫に禁止令が出されたこともありました。

ただ禁止令を出したら隠れてみるようになるので、そうすると何か起きたときに発見が遅れるので、節度を守ってみる方向に今はなってます。

親の帰りが遅いので、息子が学校からかえって内緒でyoutubeをみるのも、夫は容認しています。

 

ただ、1日中親が何も言わなければ、テレビ漬け、動画漬けになってしまうので、そのあたりは、制限をかけるようにしています。

親の方から「もうやめなさい」と。

そして動画ばかりみた日は疲れるようで、娘の就寝は早いです。

小学4年生の保護者会で話題になったこと

小学4年生の息子の保護者会で、

「ゲームや動画をどうしていますか?」

ということが話題になりました。

見放題なお宅や制限をかけているけど子供守らない話、タブレットのロックを子供が外してしまう話などが上げられていました。

 

ゲームを持っていない家は、30人中私ともう一人のお宅だけ。

もう一人のお宅がゲームを与えない理由は

「自分がゲームのことで子供を怒る回数が今以上に増えるから。」

という理由でした。

 

我が家がゲームを持っていない話をすると

「その方がいいですよ。」

と口々にママたちは言っていました。

そう思っていても子供にねだれたら、また勉強系のもの(ドラえもんなどの文字や漢字をかくもの)とかならばいいか、と与えてしまうのがゲームと言う存在なのかもしれません。

 

ゲームとの付き合い方を親も子も考えていく

私たち親の世代は、ゲームや動画などと一緒に育ってきた部分があります。

 

今の子供たちは生まれた時から動画もゲームも存在するものです。
 
そのベースは違います。

その差をどういう風に考えるかということなんだとは思うのです。

 

これだけあふれているので、生活に入れないことはできないと思います。

 

だからこそ、子供の特性を知りどういう風に対処していくことが子供にとっていいのか、

YouTubeとどんなつきあい方を今後していったらいいのか?を子供と一緒に考えてみる機会を作る、それが親として求められているものなんだと思うのです。

 

確かに無制限に見ていたのを突然、制限をかけられたら、子供は反発します。

その部分を、親としてどうするのか?ということを考えていく必要もあります。

力がいることではありますが、一時のこととして親として踏ん張っても、いいのではないかと思うのです。

 

「うちの子は自閉症だから、タブレットのロックは外せないだろう。と思っていたら、自宅でロックを外してタブレットをみていてビックリしたの。」

という親御さんの話を聞いたことがあります。

 

子供は探究心の塊です。自分がしたいと思ったら、その部分の神経は通ると思っていた方がいいです。

 

そしてロックが自分で外せるわかったら課金をする可能性があります。

子供には良い悪いはわかりません。

あるのは”やりたい”衝動だけです。

 

なのでその部分は先を見越して、課金をされる可能性があるならばタブレットは隠す、または自分のカバンにいれて自分のいないときは触れないようにする、子供専用のタブレットはなくす、などの対策が必要です。

 

探究心が強いからこそ、「安全」は存在しないことを、親は自覚して動く必要があります。