ヒーリングを通して変わる親子関係の世界を体験してみませんか

子供が学校で友達とトラブルを起こした。
子供が学校になじめないようだ。
子供が不登校になってしまった。
学校に行くけど、子供は保健室の登校だ。
 
目の前にやってきた現実に、親はどうにかしようとして
 
子供を励ましてみたり
子供を叱ったしたり
交換条件を出してみたり
 
いろいろありとあらゆることを試していると思います。

 
親も必死になると同時に、子供の将来の不安を感じていることが多いです。 
また、”何が何でも学校へ行かせなければ”と思ってしまうこともありますね。
 


 
そんなときの子供の”心”はどうなっているか?と言うと

何も考えられていない状態だったり
どうしていいかわからなくて困っていたり

将来への不安と今の現実との葛藤で苦しんでいたりします。

 

そしてだんだんと、自分を取り巻く環境に目がいくようになり、関わってくる大人に感情の矛先を向けるようになります。

それが言葉の暴力だったり、引きこもりだったりするのです。

 

しかし問題の根本は、言葉や行動の裏にある感情や気持ちなのです。

 

この時の子供の心の声を聞いてみると

「自分のことをわかって欲しい」

そんな気持ちでいっぱいのことが多いです。

 

親御さんは親御さんで、問題が起きた当初、一生懸命に子供に対応していきますが、
状況が小康状態になってくると、ふと

”うちの子は今、何を思っているんだろう”と思ったりします。
 
”どうしてこうなってしまうんだろう”、

”何がいけなかったんだろう”と思うこともあると思います。
  

世の中的にそういう問題が起こった時は「親子関係」がクローズアップされることが多く、
親としては心が痛くなりますね。
 
ただ親子関係だけが全ての問題ではない場合もあります。
 
根底には少しあったとしても、子供自身がもって生まれたものが、そこにあわさっている場合があります。
 

しかし、周りからの“問題は親子関係”という雰囲気に、親は自分自身を責めて、苦しくなってしまうことがありますね。

 
振り返りは必要な部分がありますが、責めてばかりでは現状を解決できないことが多いです。
 

今を大事に、前に進むために、親子/家族円満ヒーリングをうけてみませんか
 
子供の心の中ある思いを知ると共に
親御さんの心とお子さんの心が絡まってしまった部分を1つずつ紐解いていきます。
 
親も子供もヒーリングを通して、自分自身の思いを知っていきます。

 

なぜ自分自身の思いを知る必要があるのか?と言えば
自分の思いを知らないと、「どうしたいか?」が見えてこないからです。
 
ただ見たくない思いや越えられない感情は、ヒーリングは無理に見させたり、越えさせるようなことはありません。
 
「それを見なさい。」と強制的に見させられることもありません。
 

自分自身が「越えていこう」と心から思えた時にあらわれたり
何回かヒーリングをしているうちに越えている、いうこともあります。
 
なのでヒーリングをしていくと親子関係は、今までの親子関係とは違っていくことが多いです。
 

お子さんとは、せっかくこの世に親と子として生まれたのです。

こじれた親子関係では悲しすぎます。

 

今よりもっと先の未来が幸せになるために、ヒーリングというものを活用してみてください。