子供の障害や病気にする受け止め方や考え方を知りたい。

うちの息子はアレルギー持ちであることは

書いたことがあると思います。

 

小学校1年生でアナフィラキシーを起こし

今はエピペンを持ってます。

 

今でこそ、受け入れてる私ですが
判明した生後半年の頃は
なかなか受けいるのに時間がかかりました。

 

まさか、ショック!!と言う感じで・・・

 

 

 

 

 

 

 

その当時は、特に息子のアレルギーが原因で

保育園が断られた経緯があったので

ダブルパンチでショックでした。

 

今までも何度も

軽めなアナフィラキシーは起こしていて 

アラフィラキシーが起きたときは
采配は私の手の中にあるので
間違えると「死」が目の前にちらつきます。

 

今では明るくアレルギーのことを話してますが

”なぜアレルギーがひどい子が生まれてしまったのか”

とか

”他の子は良くなるのに、何でうちの子はよくならないのか”

とか、悩んだことも多いです。

またこれから息子は親の手元から離れていくので、心配は心配です。

 

 

 

 

 

 

そういう心の揺れを、

子どもの前に出したらダメという人がいますよね。

 

そして、思わず子供の前で出してしまった時に

「あ~」

と落ちこんじゃう。

 

ただそういう心の揺れは、

人間としては当たり前の事であって
その揺れてる自分を責めても仕方ないと思いませんか。

 

”私、大変なの”とアピールするのは

どうかな、と思うのですが、

思わず出してしまっても、それはそれ!

と割り切ることも大事だと思います。

 

必要なのは今ある現実を

受け入れて進んでいくことなんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

障害をもつお母さん方は言われます。

 

「朝起きたら、障害が治ってるじゃないか。
でも起きて、治っていない現実を

目の当たりにして”ハァー”と思う。」

 

目の前の現実を受け入れていく。

 

子供たちは親が現実を

受け入れて貰ってないことも、

言わないけど理解しています。

 

でもそれを責めはしません。

寂しい思いはしていても、逆に親を心配しています。

 

「ママに迷惑ばかりかけている」ってね。

 

「親の心配ばかりしている。」

と子どもの心の声を聞いていると思います。

 

考え方を変えると、

親が”受け入れられない”と

悩んでること自体が受け入れようと
努力しているあらわれなんだと思うのです。

 

そうやって悩むということは、

大きく言えば

”受け入れている”ということなんだと思うのです。