子供の傷ついた「心」がたどる道

【前回までのお話はこちら】

困った!子供の問題行動。行動の奥にある「心」の存在に気づいて

 

親の感情が流れ込み、子供の「心」が複雑化してしまったことで
 
子供自身が

・自分がどうしたいのか?
・何を思っているのか?
・どう感じているのか?
 
ということが分からなくなってしまっています。
 
それは「生きる意味がわからなくなっている」とも言えます。
 
 
思春期になり、自分の中に生まれる自我との葛藤の中で
そのどうしようもない感情が子供を問題行動へと走らせます。
 
精神的な部分での解決は自分自身は未熟でできないので
力でしかあらわすことができないのです。
 

問題行動をしている時の子供の「心」を覗いてみましょう

彼らの「心」は荒んでいます。
 
「自分のことは分かってくれない」
「自分を必要としてくれない」
「自分なんていなくていい」
そういう心の声を、ヒーリングしていると聞きます。
 

周りから見たら、暴れているように見えますが
子供自身は「心」をガードして、ただ傷つきたくないだけなのです。
自分を一生懸命、鎧を着て防御しているのです。
 
それでも大人は生意気な子供の言動や問題行動に対して、いろいろ言ってきます。

子供は「もう傷つけないで」と言っているのに、そこには大人は応じてくれません。

大人側からしたら”力で対抗してきたから力で応戦するしかない”という考え方になります。子供の「心」まで見る余裕がないとも言えます。

でも力が対抗する前に、実は子供たちは不器用ながらも合図を出しています。

・話しかけても無視したり

・何だかむしゃくしゃしていたり

・笑わなくなったり

その子なりのアピールをしています。しかし、そこに大人が気付けない事が多いです。

子供の傷ついた「心」がたどる道

心が傷ついたら、子供たちは周りにいる大人から見てもらうことや、必要とされることで「心」を取り戻そうとします。

年齢が小さい頃は「僕(私)をみて」とアピールしますが、年齢が上がると素直にアピールすることができません。それが空回りをうみます。

周りにいる大人が

「何かあったのかな?」

「どうかしたのかな?」

と思ったり感じたりすることができて、対応することができたならば、「心」は取り戻していくことができるようになります。

しかし、年齢が上がれば上がるほど、複雑になるので、気付けないことが多いです。

そして、気付いてもらえなかった子供たちは?というと、落胆し更に傷付きます。

「心」を取り戻せなかった子供たちは傷ついた「心」が再度傷つかないように、真綿にくるんでひもで縛って、心の奥にしまいこみます。一生懸命見ないように、見ないように頑張るのです。

そういったことが1度起きたら、2度、3度と起こっていきます。

また「心」の奥にしまい込む量が増えれば増えるほど、子供たちの感情はなくなっていきます。

そして問題行動が増えていくのです。

 

私のところにヒーリングにきた時には、何が何だか分からなくなって、こんがらかった毛糸のようになっていることが多いです。

 

私はヒーリングを通して、子供と潜在意識で話をします。彼らは、ヒーリングという見えない行為であっても、その「心」を見せようとはしません。

「ヒーリングは怖くないよ」

「あなたはあなたで、大丈夫」

ということを、お子さんの潜在意識に繰り返し伝えていく中で、子供たちは「心」の周りにある鎧をひとずつ、外していきます。

 

心の鎧を外していく過程では、母親の存在も大きく、子供が一番受け入れてほしい、見てほしい存在は“お母さん“です。

子供が傷ついていると同様、お子さんの問題行動でお母さんも傷ついています。

親と子を一緒にヒーリングしていくことで、お互いの傷を癒し、ともに前に進めるように手伝いをしていきます。

 

☆親と子をつなぐお手伝い

親子/家族円満ヒーリング