夫婦喧嘩が多いことで子供に影響がないでしょうか

子どもが小さいときほど夫婦喧嘩が起きやすい?

 

子供の年齢が小さければ小さいほど、

夫婦間の喧嘩は多くなります。

 

それは何故か???

 

やることが多いから。

子どもに手がかかるからです。

 

また、自分のことをやりたいのに

”子供の”のことを優先させるので、

フラストレーションが溜まります。

 

そのはけ口を子供にはできないので

夫婦喧嘩が起こります。

 

 

 

 

 

 

 

夫婦喧嘩が子ども与える影響

 

目の前で夫婦喧嘩ばかりしていたら

子供の”心”は、やっぱり傷つきます。

 

だって大好きなパパとママが言い争っていたり

機嫌が悪かったりするのですから。

 

その空気を子供は感じ取っています。 

 

なので、潜在意識からの心の声を聞くと

「いつも喧嘩ばかりだと疲れるんだよね。」

話している子が多いです。

 

それが積み重なると、

ちょっとしたことで”心”が荒んでしまいます。

 

イライラの沸点が低くなってしまうので

トラブルがあると、

手が出てしまったり、噛みついたり

些細なことで泣いてしまったり

すぐ不安になったり

そんなことが起きてしまいやすくなります。

 

親御さんから

「子どもが何でそんな風に

なってしまうんでしょうか。」

と相談されると、

最終的に背景に夫婦の不仲があった

というのは、私の働く保育園ではよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どものことを心配する前にすることがある。

 

喧嘩は少しならしていいと思うのです。

親だって人間ですから。

 

人間同士の”心”のぶつかり合いは

あっていいことだと思います。

 

ただ喧嘩が多いのは、

子育てにはいい結果にはなりません。

 

相手を批判ばかりする喧嘩は

特に負のエネルギーを周りにまき散らすので

できるだけ少ない方がいいです。

 

”そんなことわかっているけど、しちゃうんだもん”

という人もいますね。

 

じゃぁ、なんでしたいんでしょうか。

そこを振り返ってみる必要があると思います。

 

・相手に認められたい?

・相手にわかって欲しい?

・仕事のストレスが溜まっている?

 

複雑に絡み合っているとは思いますが

まず自分と向き合わないと

その答えは出てきません。

 

”一言多く相手に言ってしまうのは何故なのか?”

 

相手のコミュニケーションの課題があるとしても

自分自身の中の事と相手のことは

別の事としてとらえて処理する必要があります。

 

子供のことを心配する気持ちはわかります。

だけど、その前にすることがあると思うのです。

 

厳しい話をすれば、

 

そんな子供のことが心配ならば

夫婦喧嘩をやめたらいいんです。

それができないのはなぜか、

 

それを事実として明らかにするということです。

 

それを抜きに子供のことを心配するのは

実はおかしなことなのです。