非言語的なコミュニケーションを伸ばす乳幼児期の親の関わり

今日は事例を通して

「乳幼児期に育てる非言語的なコミュニケーション」

について考えてみたいと思います。

 

≪事例≫

Aちゃんは4歳児の女の子です。

0歳児から保育園に通っています。1歳児ぐらいから発達のゆっくりさを指摘されて、3歳児健診で指摘され、今は療育センターにも通っています。

Aちゃん自閉傾向が強く、人に関心がさほどありません。

友達の名前は呼ぶこともあるけどだからって一緒に遊びたい訳ではない。

大人の指示は、入るときと入らないときがあります。なので個別の対応をしますが、それでもわかっていないことも多いです。

基本1人の世界を楽しむ。そんな言葉があっている感じではあります。。

現在、Aちゃんは保育園と療育センターでフォローをしています。

 

Aちゃんは人に関心がありませんが、人の中で生きていくならば

誰かと関わっていく必要があり、“人と関わっていく楽しさを知る”ことが

今、Aちゃんに必要なことだと療育センターの担当の方とありました。

 

Aちゃん自身は“もの”にはある程度、興味を示しているので、

次は対人と言う考えです。

それが通う療育センターで話された今年度のAちゃんの目標。

 

ただここで問題となってきたのがAちゃんの保護者。

実は保護者自身が気持ちとか、心の触れ合う関係など 

抽象的はことがわからりづらい保護者でした。

 

非言語的コミュニケーションが本当に苦手。

 

オブラートに包んだ回りくどい言い方が伝わらず

「さっさと話してください。」

と言われることも多いです。

 

実はママもパパも、休日は子供とどう遊んだらいいのかわからず、

土日の休みはピアノやスイミングなど習い事に明け暮れています。

 

なので、療育センターでの今年度の指導は

「親子で楽しく遊ぼう。」

「楽しい時間を共有しよう。」

ということがメインなのですが、

保護者にはその真意がわからないといったところなんだと思います。

 

多分、1人の世界を楽しんでいる我が子と

コミュニケーションをとる必要がわからないのだと思います。

 

”1人で十分楽しんでいるんだからそのままでいいじゃないですか”

と言うことなんだと思います。

 

一番最小単位の親子のコミュニケーションが

スムーズに行かないと後々、全ての人間関係に歪みがでてきます。

 

なぜなら親子のコミュニケーションが上手くはかれないということは

友達とも上手いかないということだからてす。

 

自分発信だけでは

コミュニケーションは成り立ちませんよね。

相手発信もきかないといけない。

 

要は1人遊びが充実しているということは

相手発信のコミュニケーションが

いらないということです。 

 

しかし、人の中で生きていくには

コミュニケーションなしでは、人は生きられません。

 

そして非言語的コミュニケーションが子育ての中では主。

行動から気持ちを推測する、そういった感じです。

 

だからこそ対人の非言語的コミュニケーションを

親が最初担い、その後友達に広げていくことが必要です。

親しか引き出せないコミュニケーションやあるはず。

 

しかしそこは抽象的な部分なのでわかりづらい部分だし、

評価や成果が感じ取れる人は感じれるけど

わからないことも多い。

 

Aちゃんの保護者が重きを置いていないところ。

だから意味が分からない状態になっているのだと思います。

 

目に見えることだけに今はとらわれやすい傾向が強いです。

だけど、本当に大事なところは目に見えない抽象的な部分。

しかし、言語的なコミュニケーションには限界があります。

だからこそ非言語的コミュニケーションが大事になってきます。

 

その根を乳幼児期に育てると言うことなのです。