親として、子供に関わる職業人として、ヒーラーとして私が皆さんに伝えたいこと

発達障害の子供でも、そうでもなくても親が他の子供ができて、

自分の子供にできないことを見つけると”できるようにしよう”と親は頑張ることが多いですね。

   
特に発達障害の子供の親は
「○○ができるように・・。」
「もっと教育が必要だ。」
と療育に通うことも多いですね。
 
お母さんたちの気持ちもわかります。将来を思えばこそですよね。

 
それは悪いことではありませんが、もっと大切なことがあります。
 
それはなんでしょうか。

 

親として子供に伝えるもっとも大切なこととは?!

 

それは
「子供がこの世を好きになること」
「(子供が)”生”を好きになること」

 
 
困難や挫折は人生にあります。
だからこそ、そこから這い上げるためには、”生きることが好き”ではないと難しいのです。

 

お母さんたちは、この世が好きですか?!

どうですか。

 

子供がこの世が好きになるためには、何が必要か・・?!

 
 
子供に困難があったときに
”手をさしのべてあげる”、
”励ましてあげる”、
”どんな自分であっても「いていいよ」と言ってくれる”
”自分を認めてくれる”
そんな存在であることが、一番近くにいる親には
必要なのではないでしょうか。
 
 
特に持続力が弱く、否定されることが多い発達障害のお子さんは親のサポートが必要です。

否定されることが続くとどんなことを起きるか?と言えば、自己肯定感が低くなります。

 

”自分は自分でいいんだ”、”自分自身にマルをする”ことができなくなります。

事故を卑下し、それが劣等感を生むことになります。

劣等感が積み重なると、”自分なんて”という気持ちが心がいっぱいになって、

自分自身を信じることができなくなってしまいます。

 

そこから回復するためには、”自分を認める力”が必要です。

それが”自己肯定感”と言われるものです。

 

それを育むための基礎は、一番身近な人から

”受け入れられる”、”認められる”、そんな体験が何度も必要なのです。

その体験を多くすることで、大人になっていく過程で何かあっても自分を信じる力が育まれます。

 

子育ての原点とは??

子育ての原点はなんでしょうか。

 

それは「愛情」です。
 

発達障害のお子さんでなくても、親からの愛情がないと「愛着障害」としして、
自閉傾向に似た症状が出てくる子ども達もいます。

 

反対に、発達に障害を抱えた子どもでも親からの愛情に育まれれば
いつもニコニコして、すこやかに育ちます。
 
親からの「愛情」が子ども達に与える影響は大きいのです。
 
 
現代はこの「愛情」がこんがらがってしまったり
偏っていたり、歪んだりしてうまく伝わらなくなっています。
 
 
お子さんに「生を好きになる」ためには、

お母さんも「生を好きになる」そんな必要があります。

 

なぜなら、お母さんの思いは子供には伝わりやすいからです。
 
 
”子ども”も”大人”も「”生”を好きになれる」
そのために、私が持っている知識とヒーリングによって
改善していけるようにお手伝いしたいと思うのです。

 

それが私がヒーラーを続けている理由です。